高見えするセンスの良いファッションアイテムをリーズナブルに手に入れるためのガイドを紹介します。

伝統性と時代の空気感が息づく藍染和紙ダイヤルモデルは、“次なる理想を創る”という製品哲学を掲げるザ・シチズンにふさわしい、オンリーワンの価値あるモデルといって差し支えない。

カンパノラ 偽物 時計 コスモサイン AO1030-09L

商品の説明:コスモサインの文字板は、精密な星座盤になっている
北緯35度の全天星座を表示
4.0等星以上の恒星452個をはじめ、 アンドロメダ銀河やオリオン大星雲などの星雲・星団を119個レイアウトし、 恒星の表面温度を4色で表している
11もの版を重ねながら、この小さなスペースに寸分の狂いなく表現する精密技術
時刻にあわせて時計と逆まわりに回転し、 リアルタイムの星座を正確に表示するメカニズム
ドーム状のサファイアガラス越しに覗きこむ満天の星は、 ミクロの宇宙と呼ぶにふさわしい。

1976年に世界初のアナログ式太陽電池ウォッチ、クリストロン ソーラーセルを発売以来、シチズンは定期的な電池交換を不要とする画期的なこの技術を、「エコ・ドライブ」の名のもとに進化させてきた。環境への意識の高まりに合わせて、機能価値のみならず光を透過するさまざまなダイヤルを開発しながら、感性に訴えるクリエイティブな表現にも注力してきた。

そうしたなか、2017年に初めて土佐和紙をダイヤルに採用したエコ・ドライブ搭載モデルが、ザ・シチズンから登場。伝統的な製法により、極限の薄さと丈夫さを兼備しながら、柔らかく美しい風合いの和紙ダイヤルは、光の透過性にも優れ、エコ・ドライブとの親和性の高さを印象づけた。2019年には、第2弾として日本古来の色の名を踏まえた深碧(しんぺき)と深紅(しんく)、そして深い色合いの青を加えた3色の和紙ダイヤルモデルを発表し、みやびやかな情景が表現された。2020年にはザ・シチズン誕生25周年記念として、土佐和紙に金箔、続いてプラチナ箔を施したダイヤルを持つ、華やかさや豊かさを表現したモデルも登場。2022年6月には、国の重要無形文化財に指定されている手漉き和紙、土佐清帳紙を使用した金無垢のザ・シチズンもお目見えした。こうした和紙ダイヤルの深化の流れを受けて、初の試みとなる藍染和紙ダイヤルを採用したザ・シチズンがベールを脱ぐ。ひとつは年差±1秒を誇るエコ・ドライブムーブメントCal.0100を搭載したAQ6110-10L、もうひとつは年差±5秒のCal.A060を搭載したAQ4091-56Mである。

シチズン時計で商品企画に携わる吉川茂樹氏は、藍染和紙の採用に至った経緯を、こう語る。「2017年に初の土佐和紙ダイヤルモデルを発表以来、エコ・ドライブとの親和性が高い和紙を探求しながら、さまざまな表現や、原料の楮(こうぞ)からダイヤルになるまでの工程から見えてくる魅力を伝えてきました。5年目を迎えるにあたり、和紙と同じく、ものづくりのストーリーが魅力になるものを求めるなかで、日本人の心に染みついていて、海外でもジャパンブルーとして認知されている藍染に着目しました」

2024年に注目のコスパブランド
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ